シンギュラリティ教徒への論駁の書

シンギュラリティは宗教だ!

カーツワイルのシンギュラリティ説とその批判

前回のエントリで述べた通り、レイ・カーツワイル氏のシンギュラリティ説は、必ずしもそれ以前のシンギュラリタリアンの説を踏まえたものとは言えません。けれども、カーツワイル氏の説は最も広く普及しており、現在シンギュラリティについて論じる上で議論の前提となっているため、本論ではカーツワイル氏のシンギュラリティ論に注目して議論していきます。

そのカーツワイル氏の主著であり、「収穫加速の法則」とシンギュラリティ説を詳細に述べた『ポスト・ヒューマン誕生』ですが、この本は決して読みやすい本であるとは言えません。

ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき

ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき


邦訳で700ページ近い大著であり、膨大な事実とデータ、カーツワイル氏による考察と予測と願望、何段階かの仮定を積み上げた将来のテクノロジー進歩に関する予測、そして、現代人と未来人の寸劇風の会話文などの中に、有用な議論と無意味な議論が散りばめられており、論旨を読み解くことは簡単ではありません。長大かつ難解であるためか、2016年には日本で縮約版が出版されています。

シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき

シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき

 

認知科学者であり計算機科学者のダグラス・ホフスタッターは、カーツワイルに対する辛辣な批判者でもありますが、彼はアメリカン・サイエンティスト誌のインタビューでこう述べています。

(カーツワイルらの本は) ゴミと優れたアイデアの混ぜ合わせで、その2つを区別することは難しい。なぜならば彼らは賢くて、バカではないからだ*1

(ただし、私はホフスタッター氏も決して読みやすい本を書く著者だとは思いませんが…)

この本に対する評価は脇に置くとして、『ポスト・ヒューマン誕生』に含まれたさまざまなデータと装飾と付属とを取り除いてみると、カーツワイル氏の議論の論旨は次のようにまとめることができるでしょう。

  1. あらゆるテクノロジーは、指数関数的に成長する。
  2. 単独のテクノロジーに関する成長曲線のみならず、複数のテクノロジーで表される「パラダイム・シフト」も指数関数的に加速する。 (収穫加速の法則)
  3. 人間の脳をコンピューターとして見ると、その性能は1秒間に10の16乗回(CPS)計算できるコンピューターと等しく、この性能を持つスパコンは2013年までに開発され、1000ドルのPCでも2020年にはこの性能を超える。2045年までには1台のPCに収まるAIの計算能力が人類全体の脳の計算能力を超える。
  4. 脳の機能を模倣するソフトウェアは2030年までに開発され、1人の人間と同等の知能と意識を持つAIが生じる。上記3.の前提に従いAIの知能が指数関数的に進歩する。
  5. それと平行して、G・N・R (遺伝子、ナノテクノロジー、ロボティクス) の3つの分野も指数関数的に進歩し、テクノロジーが人間と融合しテクノロジーの進化速度で人間が進化する。
  6. 宇宙が覚醒し、超AI知性体が宇宙へ光速 (もしくは亜光速) で拡散していく。

上記のカーツワイル氏の主張に対する私の批判は、以下の通りです。

  1. ほとんどのテクノロジーは指数関数的に成長していない。
  2. 何が「パラダイム」であるのかが定義されていないため、「収穫加速の法則」から次のパラダイムを予測することはできない。また、「収穫加速」どころか世界のテクノロジーの成長は停滞しているという実証的な証拠がある。
  3. ムーアの法則が成立していることは事実だが、知能は計算力ではなく計算力は知能ではない。既知の (既に可能である) 計算の速度向上が知能の質的向上をもたらすとは言えない。
  4. 脳をエミュレーションする困難さを低く見積りすぎている。
  5. いかなる超知性体であっても、思考のみでは現実世界の問題を解決できない。
    そもそも知能が拡大可能であるという証拠は何もなく、まして無限の知能拡大が可能であるとは言えない。
  6. 宇宙の覚醒と光速での知性の拡大は、現在のところ宇宙のいかなる場所でも観測されていない。

次回以降の章では、この流れに沿って批判を展開していきたいと考えています。