シンギュラリティ教徒への論駁の書

"Enjoying science fiction is not the same thing as doing science or making science policy." - Dale Carrico

カーツワイル氏の過去の予測を検証する ─ 2019年

以下の引用は、フューチャリストレイ・カーツワイル氏が、1999年 (邦訳は2001年) の著書『スピリチュアルマシーン』の中で発表した、20年後 (2019年) の将来予測です。

予測の評価結果は、以下の記事をご覧ください。

 

 

コンピュータ

コンピュータはほとんど目に見えない。壁、テーブル、机、椅子、衣類、宝石、そして身体など、いたるところに組み込まれている。

 

人々はごく普通にメガネやコンタクトレンズに組み込まれた三次元ディスプレイを使用している。この「ダイレクト・アイ・ディスプレイ」はきわめてリアルな仮想環境をつくり出し、それを「現実の」環境上に投影する。このディスプレイ技術は、人間の網膜に直接イメージを投影するものだ。そのイメージは、人間の視覚感度の限界を超えるぐらい高品位なため、視覚障害の有無とは関係なく広く利用されている。

ダイレクト・アイ・ディスプレイには、つぎの3つのモードがある。

1. ヘッド追従モード
(...)
2. 仮想現実重ね合わせモード
(...)
3. 現実環境遮断モード
(...)
[引用注 : 詳細説明は省略。現在、1.はいわゆる三次元仮想ディスプレイ、2.は拡張現実(AR)、3.は仮想現実(VR)と呼ばれているもの]

 

この工学的レンズに加えて聴覚的「レンズ」もある。これは三次元環境の特定の場所に、正確に高品位の音を流す。メガネに組み込んだり、宝石として身につけたり、耳管に移植したりすることができる。

 

キーボードはまだ存在するが、ほとんどお目にかからない。コンピュータとの対話は、おもに手、指、顔の表情によるジェスチャーや、自然言語を使った双方向の会話をとおして行なわれる。つまり、われわれが言葉や仕草で人間のアシスタントとコミュニケーションを取るのと同じ方法で、コンピュータとコミュニケーションを取る。

 

コンピュータ・アシスタントの「人格」がかなり注目されている。ユーザーは、自分自身を含めた実在の人物をモデルにしたり、または有名人、友人、同僚などの特徴を自由に組み合わせてモデルにしたりして、コンピュータ・アシスタントに人格をもたせることができる。

 

人々は特別な「パーソナル・コンピュータ」をたった1台もっているわけではない。とは言え、コンピュータはひじょうにパーソナルである。コンピュータと超広帯域幅の通信装置はいたるところに埋め込まれている。ケーブル類はほとんどなくなった。

 

4000ドル (1999年のドル価) のコンピュータの計算能力は、人間の脳 (毎秒2000万x10億回の計算) とほぼ等しい。すべての人間の脳の全計算能力と、コンピュータを足し合わせると、そのうちの10パーセント以上を非人間の計算能力が占めることになる。

 

回転型記憶装置をはじめとする電気機械的なコンピュータ装置は、いまや完全に電子的な装置と置き換わっている。三次元のナノチューブ格子が、コンピュータ回路の一般的な形である。

 

コンピュータによる計算の大半が、大規模に並列的なニューラルネット遺伝的アルゴリズムに使われている。

 

スキャニングを基本にした脳の逆工学が目覚しい進歩を遂げている。脳は数多くの専門化された領域からなっており、それぞれが独自の構造をしたニューロン間結合をもっていることがよく理解されている。また、脳の大規模に並列的なアルゴリズムが解明されはじめており、それらの成果がコンピュータを基礎にしたニューラルネットの設計に応用されている。どの領域のニューロン間結合も遺伝情報によって規定されてはいないこと、また、遺伝情報がセットしているのは急速な進化のプロセスであって、その中でニューロン間結合が決まり生存競争が繰り広げられることが認識されている。コンピュータにおけるニューラルネット結合の標準的なプロセスも、同じような遺伝的・進化的アルゴリズムを使っている。

 

量子ベースの回折装置を使用した、コンピュータ制御の新しい光イメージング技術によって、ほとんどのレンズが、どんな角度の光も検出する小さな装置に取って代わる。こうした針の頭ほどのカメラが、いたるところにある。


ナノ・エンジニアリングによる自律的マシーンはみずからの動きを制御することができ、かなりの計算エンジンを有する。こうしたマイクロ・マシーンは、とくに製造業やプロセス制御において商業的に応用されはじめたが、まだ主流にはなっていない。

教育

ハンドヘルド・ディスプレイはひじょうに薄く、高品位な画像、そして重さはわずか数十グラムだ。人々は文書をこのハンドヘルド・ディスプレイで読むか、さらに一般的には、いまやどこにでもあるダイレクト・アイ・ディスプレイを使って、仮想現実に文章を投影して読む。紙の本や文書はほとんど利用されない。20世紀の重要な紙文書はほとんどがスキャンされ、ワイヤレス・ネットワークを通じて入手できる。

 

学習はほとんど、インテリジェント・ソフトウェアによる模擬教師を使って行なわれている。人間の教師が教える場合も、教師は生徒の近くにいない場合が多い。教師は学習や知識の源というよりも、助言者やカウンセラーの役割を担っている。

 

生徒たちは、アイデアを交換したり交友を深めるために集まるが、じつはこの集まりでさえ、物理的、地理的に離れている場合がしばしばある。

 

すべての学生がコンピュータを使っている。コンピュータはどこにでもあるので、自分のコンピュータをもっていなくてもまず問題はない。

 

労働者のほとんどは、新しい技能と知識の習得のためにかなりの時間を割いている。

障害者

視覚障害者は、メガネ型のリーディング・ナビゲーション・システムを使用している。このシステムには、デジタル制御された新しい高分解光センサーが組み込まれている。これを使うと、現実世界のテキストを読むことができる。ほとんどの文書が電子的になり、印字文朗読はそれほど必要とされていない。このシステムのナビゲーション機能は10年ほど前に登場したが、完全に実用化されている。こういった自動リーディング・ナビゲーション・アシスタントは、音声と触覚インジケーターを通じて視覚障害者に文章内容に伝える。このシステムは視覚世界を高画質で映し出すので、視覚障害者以外の人にも広く利用されている。

 

網膜や視覚神経の移植が行なわれるようになったが、まだいくつか制限があり、少数の視覚障害者にしか利用されていない。

 

聾唖者は、聴覚障害者用レンズ・ディスプレイを通して話の内容を読む。また、音楽のような別の聴覚体験を視覚的・触覚的に解釈するシステムもある。ただし、このようなシステムが健聴者に匹敵するほどの聴覚体験をどの程度提供できるかどうかは、さまざまな議論がある。聴力を向上させるための蝸牛殻やその他の移植がひじょうに効果的で、広く行なわれている。


両下肢や四肢を麻痺している人々が、コンピュータ制御の神経刺激装置や外骨格ロボット装置によって歩いたり階段をのぼったりしている。

通信 (コミュニケーション)

物理的距離に関係なく、だれとでもあらゆることができる。これを可能にする技術は使いやすく、どこにでもある。

 

「電話」にはダイレクト・アイ・ディスプレイと聴覚レンズにより投影される高画質の三次元イメージがついている。三次元ホログラフィ・ディスプレイも登場した。両者とも、相手が実際にそばにいるように感じることができる。解像度は人間の視覚と同等かそれ以上になる。相手が実際にそばにいるのかそれとも電子通信によって投影されているのか区別がつかない。「会う」という行為は、ほとんどの場合、実際に近くにいる必要はない。

 

日常的に利用できる通信技術に質の高い会話翻訳があり、ほとんどの主要言語の組み合わせが可能だ。

 

本、雑誌、新聞、ウェブの文書などを読む、テレビや映画のような三次元動画を観る、三次元テレビ電話をかける、一人または地理的に離れているだれかと一緒に仮想環境に入る、あるいは、これらを組み合わせる ─ こうしたことは、すでに日常となっているコミュニケーション・ウェブをとおして行なわれる。ただし、何か特別な機器や装置は必要ない。身に着けているもの、移植されているもの、それだけで十分だ。

 

体全体を包み込む触覚環境が広く利用されており、できもよい。その感度は人間の触覚に並ぶか、それを上回る。この触覚環境は、圧力、温度、手ざわり、湿気など、あらゆる種類の触覚刺激をシミュレートする。視覚的・聴覚な仮想環境においては、ダイレクト・アイ・レンズや聴覚レンズなど、身に着けたり体内に組み込まれた装置のみが必要となる。

 

これに対して完全な触覚環境を体験するには、仮想現実ブースに入らなければならない。これらの技術は、健康診断や、本物の人間のパートナーや仮想パートナーとの性行為などによく使われている。性行為については、快感やさらに安全性が高まるという理由で、人間のパートナーがたとえそばにいても好まれる。

ビジネスと経済

急速な経済発展と繁栄がつづいている。

業務のほとんどに模擬人間がかかわっている。この模擬人間の特徴は、リアルなイメージ・キャラクタ、そして高度な自然言語処理を用いた双方向コミュニケーションである。業務に人間がかかわっていないことも多い。担当者は業務を自動アシスタントに代行させて、別の自動アシスタントとやりとりさせている。これらのアシスタントは自然言語を省略し、業務と関連する知識構造そのものを直接やり取りしている。

 

掃除などの雑用をこなす家庭用ロボットは、いまや広く普及し、頼りにされている。

 

自動運転システムは高い信頼性を得ており、そのシステムはほとんどすべての道路に設置されている。一般道路でなら人間が運転することも許可されてはいるものの (高速道路では許可されていない)、自動運転システムはつねに関与しており、事故回避が必要なときは、自動運転システムが介入するようになっている。

 

マイクロフラップ (小型の下げ翼) を利用した効率的な自家用飛行機が実証されており、おおむねコンピュータで制御されている。交通事故はまれにしか起こらない。

政治と社会

人々は「自動パーソナリティ」の友人、教師、管理人、恋人とかかわるようになっている。この自動パーソナリティは、いくつかの点で人間よりも優れている。たとえば、ひじょうに信頼性の高い記憶力をもっており、希望すれば、予測したりプログラムしたりすることも可能だ。機微という点では、人間ほどではないと見られているが、見解はさまざまだ。

 

機械知能の影響に対しては、人々に何かしらの不安のようなものがある。人間と機械知能には依然として異なる部分があるが、人間の知能の方が優れていると明言するのは難しくなっている。コンピュータ知能は文化のメカニズムに完全に組み込まれている。表面上は人間の指示に従うよう設計されており、人間の業務や意思決定においては、最初は完全に知能機械に依存していたとしても、法律により人間が責任をもつよう決められている。しかし現実には、機械知能の多大な関与と助言なしに意思決定がなされることはほとんどない。

 

公共の場もプライベート空間も、暴力事件がおこらないよう機械知能によって監視されている。人々は解読不能な暗号技術を使って自身のプライバシーを守ろうとしているが、各個人の実際の行動は、どこかにあるデータベースに保存されており、プライバシーの問題は依然として大きな政治的・社会的問題となっている。

 

下層階級の存在も、なお大きな問題だ。経済を大きくゆがめることなく、基本的に必要なもの (とりわけ、安全な住まいと食料) を提供するだけの経済的繁栄はあるものの、責務と出世という古くからある論争は、あいかわらず存在している。この問題を複雑にしているのが、大半の仕事が従業員の学習と技能習得にかかわっているという、徐々に表面化しつつある問題だ。つまり、「生産的に」従事している従業員とそうでない人との区別が、必ずしも明確でないということである。

アート

すべての分野に仮想アーティストが登場し、人々もそれを真剣に受け入れている。これらサイバネティック・ビジュアル・アーティスト、サイバネティック・ミュージシャン、サイバネティック作家は、たいてい、各知識ベースやテクニックに貢献した人間や組織と密接に結びついている。しかし、こうした創造的マシーンがつくる作品への関心は、マシーンが創造的であるという物珍しさの域をすでに超えている。

 

人間のアーティストによる美術や音楽、文学作品は、ほとんどが人間と機械知能との共同でつくられている。

 

一番需要の多いアートとエンタテイメント関連の製品は依然として仮想体験ソフトであり、それらは現実の体験をシミュレーションするものから、この世にはほとんど存在しない、あるいはまったく存在しない抽象的環境をシミュレートするものまで、さまざまある。

戦争

国家の安全に対する第一の脅威は、解読不可能な暗号技術を使用して人間と機械知能を合体させるいくつかの小集団からくる。そうした脅威には、

1. ウイルス・ソフトを使いながら公的な情報チャネルの破壊
2. 生物工学的につくりだされた病原体

などがある。

 

ほとんどの飛行兵器はひじょうに小型だが(昆虫ほどの大きさのものもある)、さらにミクロの飛行兵器も研究されている。

健康と医療

ヒトゲノムに暗号化されている生命のプロセスの多くは10年以上前に解読されたが、現在おもにそれらは、老化現象の、あるいはガンや心臓病のような変性症状の根底にある、情報処理メカニズムとともに理解されている。最初の産業革命(1780年〜1900年)と二番目の第一期(20世紀)の結果として、人間の寿命は40歳弱からほぼ2倍に伸びたが、現在ふたたび大きく伸び、100歳を超えている。

 

生物工学技術の広範な普及による危険性が、次第に認識されつつある。大学院生と同程度の知識と能力さえあれば、潜在的に大きな破壊力をもつ病原体をだれでもつくることができる。そうした危険性は、生物工学による抗ウィルス治療の恩恵を考えれば、ある程度相殺されるとする考えが不安をまねいている。

 

急性・慢性の両症状を診断してくれる、コンピュータ処理によるヘルス・モニターが広く利用されている。このモニターは、腕時計、宝石、衣服などに組み込まれており、診断だけでなく、治療や処置のさまざまなアドバイスもする。

哲学

コンピュータがチューリングテストに合格したという報告が相次いでいるが、有識者がつくった基準 (人間による判定の緻密さ、インタビュー時間の長さ、等々に関する基準) を満たすまでにはいたっていない。コンピュータは未だ有効なチューリングテストに合格していない、という合意があるが、これに関していま議論が高まりつつある。

 

コンピュータ知能の主観的経験が真剣に論じられているが、機械知能の権利については大きな議論になっていない。機械知能は依然として人間と機械との共同の産物であるが、それをつくり出した人間への従属関係を維持するようにプログラムされている。

 

スピリチュアル・マシーン―コンピュータに魂が宿るとき

スピリチュアル・マシーン―コンピュータに魂が宿るとき